読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランジパニ

昨日と、今日と、明日のこと。妊娠記録。

妊婦健診 31w6d

午後から妊婦健診。午前中は両親学級にも行ったので、何だかんだで一日仕事だった。待たされることが多くて少し疲れた。低置胎盤は改善気味で多分このまま行けば経膣で産めるのでは?とのこと。ひとまず一安心。子宮頸管は3.8cm。最近けっこう張りが強かったからかなぁ。今日は詳細な超音波検査もしたけれど、特に何も言われなかったから問題ないということなのかな。中の人は丁度標準くらいの大きさで1800gくらいとのこと。脚がちょっと長くて頭が少し小さいらしい。スタイルがいいって解釈しとけばいいのか?今週に入ってから胎動が本当に痛いくらい強くって、グーリグリ内側からえぐられており、でかくなってるなあとしみじみ実感する。超音波もあんまり画面に入ってこないしね。今日はそれと、血液検査。あとは保健師指導というのがあって、バースプランの記入についての説明と、胎動カウントについての説明。バースプランに書きたいことと言えば「母子ともに安全優先でお願いします」とか、もっと言えば「母子ともに無事に……」とか、それくらいなんだけど、そんなことは多分今更だと思うし、でも別に他にこだわりも無いので色々考えた結果「やさしくしてください」とか書きそうになって、何かちょっと違う雰囲気になってしまった。多分、そういうことじゃない。お産の時に厳しくしないでほしいってことなんだけどね!胎動カウントは今までもちょいちょいしてたのだけど、今の所は5分以内で10回終わるペース。

さて、前回やたらと長くて不安になった甲状腺超音波検査であるが、7mmくらいの腫瘤があるということでひっかかって専門病院で再検査になってしまった。っていうかそれなら前回言って欲しかったんだけど。と思うけど、そこまで緊急性が無かったってことなんだろうと前向きに解釈したい。けどやっぱり腫瘤とか腫瘍とか言われるとビビる。予約のできない病院なので早速明日の朝一で行ってくる予定。ネットで色々調べてみた感じだと、おそらく今すぐにどうこうってことにはならないと思うんだけど、中の人には影響がないといいなぁ。

明日から9ヶ月に入るので本当にもうあっという間なんだなぁという感じ。入院準備終わってないよ〜。でも9月は夫の海外出張が入ってたり、予定日の二週間前に両親が出雲旅行に行ったりしてしまうので、何かあっても一人でできるようにしておかなければ。それが普通なんだろうけどね。陣痛タクシーの予約を入れた。

先週は一日ごとに友だちが遊びにきてくれて、だらだらランチしたり、お茶したり、アイシングクッキー作ったり、とても楽しかった。アイシングクッキーは下手くそだけどすっごい楽しかったので今回の反省を活かしてまた第二回を開催したい。次回までのメモとしては、アイシング用に水を混ぜるだけでいいアイシングパウダーを買うこと、クッキングシートのコルネだとアイシングが乾いて描きにくくなるので口金を準備すること、絵の図案を予め考えておくこと、その上でどの色が必要かなども考えておくこと、チョコペンやその他トッピングも準備しておくこと、などかな。

なお出産するまでもういいか、と放置していたらあまりにもさもさになってストレスMAXになったので結局髪を切りに行ってきた。母に車で送ってもらった。ビックリするくらい頭が軽くなりました。めでたしめでたし。

 

f:id:tpb_kotori:20160817142932j:plain

たまに外出すると外でごはん食べられるのがうれしい。自分が作ってないごはん美味しい。仕事してた時は毎日のようにランチ外食だったけど、あんまそんなこと思わなかったのにな〜。ふしぎ。

夏コミ

もう十年以上、毎年夏冬のコミケで同人誌を出している。落選して自分のスペースを貰えなかったこともあるがそうした時は友人の売り子で入るので、コミケ自体に不参加だったことはない。そして今回の夏コミ。2月の申し込みの段階で妊娠は分かっていたからかなり悩んだ。妊娠が順調に進めば夏コミの時点で妊娠8ヶ月、流石に当日フル参加は厳しいだろう。しかし結局、どうしてもシリーズ完結編をこのタイミングで出さないと一生完結できないと思って、申し込んだ。私が当日不在の状態でも友人が売り子をしてくれると言ってくれたのも背中を後押しした。2月の時点では妊娠2ヶ月で明日にもどうなるかわからないという状況でもあったので、もし流産などになってしまった場合、精神的には申し込んでいた方が良いだろうと思ったのもある。そんなこんなで申し込み、無事スペースを頂き、体調的には決して無理しない状態で、いつもよりかなり時間をかけて原稿もなんとか無事にあげて、荷物も送り、売り子さんともしっかり事前打ち合わせをして、今日その当日を迎えた。

本当は夫に、午後の空いたくらいの時間帯に車でちょこっと連れてって貰って、自分のスペースと友だちのところちょっと回りたいなって思っていたのだけど、切迫流産気味になってからはその野望もきっぱりと諦め、今日は自宅でぼんやりとクッキーを焼く予定。ツイッターで会場の様子を伺いつつ、やっぱり、何だか寂しい気持ちは抜けない。十年ぶりの欠席。あの空気を味わいたかったなぁ。

私が家の中でひたすらぼんやりしていることが功を奏しているのかは知らないが、ここ最近中の人はとっても元気である。将来、私のようなオタクになるかはわからないが、私のやってきたこと(あるいはやってること)をバラしてオタバレ母ちゃんになるつもりは無いし、もしこの先にイベントに復帰しても子どもと一緒に行きたくない。この領域はとてもプライベートなことなので、そうした形で共有したくない。でもいつか中学生くらいになった時にそうしたことをコソコソ始めているのを見たら、(生)温かく見守りたいとは思っている。そんなことをぼんやりと考えつつ、お台場に想いを馳せるのであった。

 

f:id:tpb_kotori:20140816174928j:plain

2014年の夏コミの帰り道、タクシーでレイボーブリッジ通過中。激しい夕立が降って、搬出はエラい目にあった記憶。

自由の中の不自由

産休に入ってから一週間半くらいはずっと文章を書いていたので忙しかった。それも終わってしまって、今はただぼんやりとしている。暑いし、お腹の張りも気になるので一人で外に出かけることもなし、まあまだその文章関係のやる事がぽつぽつ残っているのでそれをやったり、保育園の下調べをしたり、それくらい。テレビはあまり好きじゃないのでほとんど見ていない。先週夫は仕事が忙しかったので帰ってくるのは大体深夜だったから基本一人である。一回、母に車でランチに連れ出してもらったくらいで、あとは誰とも会わないのが一週間。とにかく暇である。

ここ数年仕事の合間の時間のほとんどを友達と酒飲みに行くか文章を書く事に費やしてきたので、正直、暇だと思ったことはほとんどなかった。だから今の暇だなぁと思う感覚はけっこう新鮮であるのと同時に、少し焦った気持ちにもなる。やりたい事が無いわけではないので、もっとこの時間を活用すればいいのだけど、活用する為にしゃきんと立つにはそれなりに何かしらの区切りのようなものが必要なのだなぁと実感している。この何も無い真っ白な紙に、罫線でもいい、方眼でもいい、何かしら線を引かないとどうやって行動を踏み出したらいいのか、わからなくて持て余してしまう。自由は不自由の中にあるというのは本当だったのだ。とはいえ、体調が良ければやりたかったことは山ほどあるので、今はそんなに自由でもない。不自由の中にある自由から、自由の中にある不自由の中へ移っただけのことだ。へー。なるほどね。ぼんやり。夏の空が青い。今日も暑そうだったなぁ。

暇を持て余しているのは、あと二月程度の事だと言うのはもちろん分かっているので、今はただじりじり耐える。保育園をもっと調べないといけないし、下見の予約もいれないといけない。赤子準備の買い物をオンラインで済ませないといけないし、部屋のレイアウトをどうするかも考えなければいけない。DSごと借りたままの大逆転裁判もやりたい。弱虫ペダルは全巻宅配レンタルした。結婚式と披露宴のフォトブックをずっと作っていなかったので、それも作らねば。あとは産まれる前にもう一本だけ書き終わらないといけないのもある。今のうちに本も読んでおきたい。うん。こう書き出してみると、家にいてもできることや、やりたいこと、やらなきゃいけない事が多い。それをちゃんと整理してスケジュールに入れて行くのが、最低限の罫線を引く行為になるのかな。

 

f:id:tpb_kotori:20160807223640j:plain

今週は、友だちが遊びにきてくれる日が多いので、それが楽しみ!今日も二人遊びにきてくれたので久しぶりにおしゃべり楽しかった。

コウノドリ

先日なんか眠れなくてKindleコウノドリを買って一気読みしてしまった。おかげで翌日はひどく眠かった。モーニングをずっと読んでいるので連載当初から本誌で読んだことある話ばかりだったんだけど、妊娠してから読むのは全然違った。本当は出産終わってから読もうと思ってたんだけど(怖くなるだろうと思ったから)なんとなく今読んでおいてよかった気がする。そして本誌で読んでた時は普通にさらっと読んでいた「無脳症」と「長期入院」シリーズで号泣してしまった。重い話も多いけど「時間外受診」みたいな話も好きだよ。あと助産師さんの話も改めて読むととてもよかった。ほくろのおばさん。夫にも親にも読んでもらいたいので単行本も買おうか悩み中。てか最初から単行本で買えばよかったんだよね。BLなどが紛れている私のKindle書庫は見せたくない。(別に普通にその趣味は知られているけれども)

私の出産予定の病院は、地元ではそれなりの規模の総合病院だけどNICUは無い。コウノドリに出てくる妊婦さんは25週〜30週前後で早産になっててNICU送りになる話が多いので大丈夫かなぁとドキドキする。あといきなり破水しちゃったとか、産まれそうとか、しかも妊娠30週前後でとか、そういうのも見ると、お腹張り張りマンの症状が出ているうちは本当に何が起こるかわからないし、もう髪なんてモサモサでもいいや……買い物もアマゾンと楽天でいいや……家にいよう……と決意を新たにするのであった。

女医さんじゃなきゃ嫌だって妊婦(というか女性全般)はそんなに多いのかな。十代で初めて婦人科に行った時はちょっとそう思っていたけど(処女だったから?)二十歳超えたらそんなことはどうでもよくなった。でも元々あまりそっち方面のデリカシーをそもそも持ち合わせていないタイプなので、口にするのは止めておこう。

 

f:id:tpb_kotori:20160729131207j:plain

外出できないうっぷんを晴らすために白玉を作った。きなこと黒蜜。食べ過ぎには注意。

妊婦健診 28w5d

妊婦健診。在宅勤務メインにしてからはお腹の張りもマシになった気がしていて、子宮頚管も4.7cmまで伸びていた。低置胎盤も少しだけ改善したらしい。ただこれはまだ経過観察。最近は調子も良い日が多いし、少し外出しても大丈夫か聞いたら、近所なら良いけど基本は自宅にいてくださいとのこと。ウテメリンも1日4回はしっかり飲んでくださいと釘を刺された。トホホ。できたら髪の毛を切りに行きたいんだけどな。しかし、ここらで気を抜いて一気に早産になっちゃう人、結構いるんですからね!と看護師さんにも念を押されたので気をつける。というわけで、母子手帳にはがっつり「安静」のハンコを押されてしまった。予定日まではあと2ヶ月半、と考えると思ったよりこれすぐやってくるんじゃないのか。お腹は二週間でけっこう大きくなっていた。子宮低長27cm。今日は甲状腺超音波検査もした。やたらと見ている時間が長くて寝落ちそうになった。長かった割には何も言ってくれなかったので、大丈夫かどうかちょっと不安だが、腫れてるわけでもないし、血液検査も問題なかったからまあ平気だと思う。そして甲状腺と言うとコウノドリ甲状腺クリーゼの回を思い出してしまう。(あれはかなり辛かった……)

産休に入ったらアウトレットにベビーグッズを見に行って、イケアで必要なもの買い足して、リサイクルショップも行って……と色々考えていたけどとりあえず全部おあずけ。披露宴をしたレストランに食事に行きたいな〜と思ってたけどそれも厳しいかな。むむむ。子連れでも親切なお店だから、2歳くらいになったら一緒に行けるかな。

安静にはしているけれど、保育園の見学予約はいくつか入っているのでそれだけは行かないといけない。まあ近所だし大丈夫だろう。しかし平日しか見学できないのは当然なのだろうと思うが、いくつか電話したらどこも午前中でお願いしますと言われてしまった。本当は夫婦で見学に行くつもりだったのに、それだと1日1件しかいけないのでハシゴができない→日を変えて見学に行かなければいけない→夫はそんなに平日仕事休めない、ので作戦を練りなおさないといけない。

 

f:id:tpb_kotori:20160727153555j:plain

健診後に遅ランチ。サラダボウルでヘルシーに!と思ったのに、結局このあとデザートのケーキまで食べてしまった。

妊婦の安眠

7月に入ってから安眠できなくなった。蒸し暑くて寝苦しい。子供の頃のように両足が熱くて眠れない。夜中に絶対にトイレに起きる。トイレじゃなくても3〜4時間すると目が覚める。しかも夜中に起きると胎動がロックンロールしてて激しくて、あたかも「深夜だぜ!俺の時間だぜ!」とでも言うように腹の中で暴れているので寝つきにくい。腰痛で眠れなかった日もあった。腹がデカくて寝返りが中々打てない。抱き枕を持ち込んだらベッドがとにかく狭い。など、問題は山積みであった。しかし寝ないことには体力がどんどん落ちていく。疲れが溜まってお腹は張る。これはよくない、と改善策をいろいろと試した。

まず扇風機を買った。そして弱めの風を夜通し付けた。少し楽になった気はしたがやっぱり全体的な苦しさは変わらなかった。夫は暑がりで私はもともと寒がりなので風の強度や向きでも色々試行錯誤があった。なんとなくこれでいけるかな、と思ったのもつかの間、夏が進行しエアコンをつけていないと凌げない室温になったのでエアコン+扇風機のダブル稼働にした。夫がエアコン側に寝て、扇風機もそっちに置く。しかし寝室のエアコンは微妙に音がうるさい上に温度の微調整が難しい。27度だと暑くて26度だと寒いという状況。扇風機は私は足元に置いて欲しいのだけど夫は顔に近くに置くので、こっちの顔面にも風が掛かってしまう。私はエアコンだろうと何だろうと顔に風があたる状況がとても苦手なので、結局夜中に起きて扇風機のポジションチェンジをしたりする羽目になる。これは結局、足元に置いて風を半分は壁に当てて跳ね返らせる方式にした。そしてエアコンは冷房ではなく少し強めのドライにしたらかなり快適度が上がった。敵は温度ではなく湿度だったのである。

妊婦の必需品として色んなところで紹介されている抱き枕はかなり早い段階から導入していた。妊娠5ヶ月目くらいの時に、先輩ママがおさがりをくれのだ(西松屋のコの字型のやつ)。これは想像以上によかった。抱き枕がないと生きていけないレベルでお世話になっている。なお昼間は腰まくらにしている。車に乗る時にも腰周りに当てるととても楽だし、何となく豪華な気持ちになって楽しい。夫はその様子を見て「玉座だね!」と言う。しかし、ベッドの中では、この抱き枕はそれなりにスペースを取る。そしてお腹も大きくなるにつれて浮上してくるのがそもそもベッドが狭いよ問題だ。うちはダブルベッドなのだけど、ダブルベッドのサイズというのはわりかし狭くて横幅が140センチしかない。(ホテルの"ダブルベッド"は、実際は大体クイーンかキングサイズ)標準的なシングルベッドの幅が97センチなので、それと比べると一人頭の寝るスペースが27センチも狭いことになる。愛があればいいだろと言われるかもしれないが、愛があろうがなかろうが物理的に狭いものは狭い。腹がでかくなってる妊婦が抱き枕を抱えていると、それだけでそうとうなボリュームになるのだ。しかし、いきなりベッドを拡張するのは難しい。夫にソファで寝てくれとも言えない。なので苦肉の策として布団をベッドの横に敷いて寝てみた。するとけっこうぐっすり眠れた。しかしフローリングの上に普通の布団を敷いていたら固すぎて、三日目に腰痛で死ぬ羽目になった。大変申し訳ないが、夫に代わってもらった。すると一人でダブルベッドを占拠できるのでかなり快適になった。やったー!

結局その二点、湿度と寝るスペースの問題が解決すると、他のことでもそこまで煩わされなくなった。夜中にトイレで起きてもすぐに二度寝できるし、足が熱いのもスペースがあればジタバタしてると楽になる。深夜、お腹のロックンロールフェスは留まることはしらないが、こればかりは元気が良いことだと思うので甘んじて受け入れよう。これからますます激しくなるようだし。腰痛は寝る場所をベッドに戻したのと、寝る前にぬるめの湯船に浸かることでかなり改善している。

そういえば、妊婦の安眠姿勢をググるとシムズの姿勢というのがあるのだが、私は苦手なのであまりしていない。こういうやつ。左を下にして、クッションを足の間に挟み、左腕を後ろに抜いたうつ伏せめの横向き寝である。両親学級の妊婦体操の回でもリラックスできる体勢として教わったのだけど、うまくできない。横向きは平気なんだけど、左腕を後ろに抜いた状態で寝付けないのである。もともとうつ伏せの寝方は好きじゃなかったので、なんか苦しい。あと左ばかりを下にしていると、右側の靭帯が伸びて痛んだりもした。あれは困る。でも仰向けで寝るとそろそろお腹が重すぎて仰臥位低血圧症候群というものになるので、そしてとても苦しいので、最近は重い体で左に右にと寝返りをうちながら寝ている。

夜中に眠れないと、日中がとにかく辛い。体力はめきめき削られていくし、疲れもたまりやすいのでお腹は張るようになる。母体は中の人を守るために夜間安眠ホルモンを出すべきだ。ただし夜間だけでお願いします。

 

f:id:tpb_kotori:20160726003226j:plain

産前も寝苦しいし、産後に安眠はないよといろんな人に言われる!怖い!

産前休暇

せっかく毎日書いていたのに少し空いてしまった。仕事があると中々体力と気力のリソースを他に回せない。とはいえ、それも昨日でおしまい。予定より前倒しで産休に入らせていただいた。最後の二週間はほとんど在宅勤務でやっていたし、出社してても仕事そのものはまったく苦ではなかったのだが、切迫早産ぎみであること、通勤時にお腹の張りが強くなってしまうことと、地味に最寄駅から会社への徒歩が長く坂道も多いことが辛かった。蒸し暑い気候にも削られた。前にも書いたが、先人たちの頑張りもあり理解のある環境であったことにとても感謝している。保育所にさえ入れれば来年の4月には戻る予定なのだが、そこに関しては今の段階ではどうなるか何ともわからない。保活頑張るとしか言えない。

二週間の間にお腹はかなり大きくなっていたのだと思う。同僚にはびっくりされた。8ヶ月でこのサイズは他の子より大きい気がする、とも言われた。でも中の人は週数の標準サイズ内(の小さい方)なので、つまりそれ以外は私の肉ということだろうか。それともお腹の大きさと子の大きさは直接関係ないんだろうか。ちなみに私の身長は標準で、同じ部署の先輩ママの中には私より背が低い子もいる。(背が低い方がお腹が大きくなることが多い)女性が多い部署なので、みんなお腹をなでなでしてくれた。たくさんの人に触ってもらうと幸せな子になるというのをどこかで見かけたので、みんなの良いところをぐんぐん吸収するが良い、と思っている。

4月末に復帰するとしても、まるまる9ヶ月のお休みとなる。社会人になって10年以上経つが、こんなに長く仕事を休むのは初めてである。嬉しい気持ちももちろんあるが、はたしてこの半年とちょっとのブランクでどれだけのことを忘れてしまうかは想像がつかない。自己勉強に励みます、と一応は言ったものの、果たして何を持って自己勉強となるのか。とりあえず、海外ドラマを英語字幕で見るくらいのことしか思いつかない。まあ生まれるまでの間は、本とかたくさん読もうかな。なんせ、自宅安静なので遊びに行けるわけでもない(遊びに来てもらう予定はいくつか入ってる!)。産まれてからのことはわからない。人の話を聞いたり読んだりして、楽しみなのと怖いのとでせめぎ合っている。しかし、おそらく二言目には「産後鬱になったら困るから!」と言って夫や母に甘えまくる自分が容易に想像がつく。私はホルモンバランスが崩れることにめっぽう弱く、妊娠初期の機嫌の乱高下もかなりヤバかったので、夫は今からビクビクしているっぽい。ほんとごめん。文句はエストロゲンプロゲステロンに言っておくれ。

母が長年保育園で働いていて、その話をよく聞いているので保育園に預けることがかわいそうと思ったことはない。たくさんの大人から愛をかけられて、ありがたいし、お友達もできるし、それはそれで良いことだと思う。だが、甥っ子が今8が月でとてもかわいくて、専業主婦でずっと面倒を見ている義妹を羨ましく思う気持ちはある。来年の春(保育園に入れればだが)、まだ今の甥っ子より小さい中の人(その時はもう外の人)を置いて仕事に戻るのかぁ、と思うと既に少し寂しい。本当は1歳で確実に入園できるなら、もちろんそっちを選びたい。でも現実はそうも言っていられない。両親フルタイム0歳4月でも入園できるかわからない時代だ。可能性が一番高いところに賭けるしかない。組んだばかりの住宅ローンもあるし、夫婦どちらも終身雇用からはほど遠い外資勤めなので、リスクヘッジの為にも仕事はしないわけにはいかない。それが我々夫婦の選んだ道なので、頑張るしかない。

とりあえず私は子供の安全に関わるところ以外は完璧じゃなくていいからできるだけ笑っていられるおかあちゃんを目指したい。まあむしろ結婚して4年間、自分の好きなことばっかしてて、生活が完璧だったことなど一度もないから気楽に行きます。

 

f:id:tpb_kotori:20160722194346j:plain

職場の皆さんにお祝い頂きました。ありがとうございます。