フランジパニ

昨日と、今日と、明日のこと。妊娠記録。

本の話

コウノドリ

先日なんか眠れなくてKindleでコウノドリを買って一気読みしてしまった。おかげで翌日はひどく眠かった。モーニングをずっと読んでいるので連載当初から本誌で読んだことある話ばかりだったんだけど、妊娠してから読むのは全然違った。本当は出産終わってか…

ほんのまくらフェア・三冊目

「狐になった奥様」 ガーネット ある日突然、上品で若くて可愛らしい奥様のシルヴィアが狐に変身してしまったお話。誰でもカフカの変身を思い浮かべるだろうなーと思った。 ただ夫のテブリック氏が妻の狐に注ぐ一途で大きく深い愛情と彼自身のとんでもない…

ほんのまくらフェア・二冊目

安東みきえ「頭のうちどころが悪かった熊の話」 ほんのまくらとタイトルがほぼそのまんまだったのでちょっと笑ってしまった。短編の児童向けのお話が7本、ほんのまくらは1話目の表題作から。 どのお話もほのぼのしつつ、シュールで、ひやりともするけれどや…

ほんのまくらフェア・一冊目

サンテグジュペリの「夜間飛行」。カバーの言葉は、後半に収載されている「南方郵便機」の冒頭。 前に機会があって箱根の星の王子様ミュージアムに行ったことがある。展示がおしゃれで可愛らしく、また星の王子様好きにはツボな売店もあり全体的に女子好きが…

ほんのまくらフェア

紀伊国屋新宿本店の「ほんのまくら」フェアに行ってきた。 http://www.kinokuniya.co.jp/store/Shinjuku-Main-Store/20120725000000.html 戦利品は三冊。選ぶのがとても楽しかった。愛と情熱をこめた遊びゴコロは、心をときめかせるものだな。 これ以外に、…

好きな作家の本

好きな作家さんに共通するのは 新しく読む本を開いた時に、 あるいは、昔読んだ本を再読する時に 表紙を開いて、文章の世界に入った瞬間 「あ、ここに帰ってきた」 と、思うことだ。 この人の文章に帰ってきた。 この人のお話に帰ってきた。 この人の世界に…