フランジパニ

いつかの為のあの頃の記録

舞浜デビュー

いそいそと有休を取り、実母・私・娘の女三世代で行ってきた。3年ぶりのランドである。子連れなのでのんびり無理なく回ることを目標として、混雑もひどくない平日を選んだのだけど、うっかり大学生の春休みシーズンだったのとお天気がよく温かい日だったので、めちゃくちゃ混んでいた。

 

車で向かいランドに到着したのは10時頃。エントランスの所にミッキーがいたけれど、もう一緒に写真を取るのは締め切られていたので、そのまま中へと向かう。ワールドバザールで娘用にミニーのカチューシャを買ってみた。しかし付けると嫌がってすぐ取られてしまった。残念。シンデレラ城前の広場に出るとパレードが始まるところで、案内されたお子様鑑賞エリアでフローズンファンタジーパレード(エルサのやつ)を見る。が、ここ、大人は座って見なきゃいけないんだけど、5列目くらいだったので娘は立っても見えない、なので私は座ったまま自分の顔の高さまで娘氏を抱き上げて見せる羽目になりいきなり腕が死んだ。(後ろにも人がたくさんいたので出るのもできなかった)私の苦労とは裏腹に娘は怪訝な顔でオラフを見ていたが、雪が舞いだすと「あっ!」と何度も振り向きながら、指差して教えてくれた。雪だねぇ。

 

パレードが終わってから、子ども向けショー(スーパードゥーパー・ジャンピンタイム)に向かったけどもう子どもエリアには、保護者同伴では入れない状態だったので、さすがにまだ娘だけ入れるわけにもいかず、見送った。トイレに行くついでにビッグサンダーマウンテンのファストパスだけ取りに行く。スタンドバイだとすでに120分を超えていて、ファストパス11時すぎの時点で1640分~の回だった。その後カントリーベアシアターに入ってみたが、音が大きいのとクマにビックリしたのか、おびえて泣き出したので先に退場。私も1歳ではじめてディズニーに行った時、暗くなるシアター系は軒並み号泣した……とずっと聞かされていたので、なるほど親子だな……と思った。クマの後、混む前にランチしちゃおうと隣のレストランに。娘は卵の除去がまだ解けていないので、低アレルゲンメニューを聞いてみると、アレルギー対応の甘口ポークカレーがあるとのことだったので、娘にはそれをオーダー。私と母は中辛カレー。娘は大人向けサイズのカレーの2/3くらいもりもり食べた。おいしいよね、カレー。ハウスが提供しているレストランで、母はしきりに「家で作るより美味しい!」と言っていた。そりゃそうだろ、と思った。

 

子連れディズニーで必ずオススメに上がる、ウェスタンリバー鉄道へ。5分待ち。ベビーカー置き場にベビーカー置いて、次にきた電車にすぐ乗れた。最初は私と母の間に座らせたけどそれだと外が見えないのでひざに抱っこ。娘はどうやら天井のスピーカーから声がするのが気になるみたいで、始終きょろきょろしていた。暗いゾーンに入ると怖がるかな?と思ったんだけど、そんなことも無く、恐竜をみて「あっ!」と何か発見した時の声をだしていた。ウェスタンリバー鉄道の次はブラブラとトゥーンタウンへ向かう。娘もずっとベビーカーの上なので歩きたいだろうと思ったのだ。途中、ファンタジーランドを通って、シンデレラ城で写真を撮った。トゥーンタウン前ではもう午後のパレードの席取りが始まっていたので、母に場所取りを託して私は娘を連れてトゥーンタウンの中へ入る。丸や三角、象やきりんのオブジェがある小さい子エリアに行くも、地面がやわらかいのが気になるのか、立たせると固まってしまった。それから船の中に入り、えっちらおっちら階段を上ったり下がったりを繰り返すのに付き合う。水を見て楽しそう。ミッキーの家は45分待ちだったので今日は見送り、ミニーの家30分待ちだったけどミニーは居ないというのでやめといた。それからもトゥーンタウン内を娘氏が好きにてこてこ走り回る後を追いかけて、ぐるぐるまわる。人が多くてなかなか大変だったけど、本人は楽しそうだったのでよしとする。するとチップとデールを発見!チップの周りを取り囲んでいたら一緒に写真撮ってもらえた~!とりあえず、一枚思い出の写真が撮れてよかった。満足したので、パレードの場所取りのところに戻る。しばらくそこで休憩しつつパレードが始まるのを待ったが、パレード到着10分前くらいに娘がうんこをしたので、換えに行く時間もなく、私はくさい娘を抱っこしたまま見る羽目になった。天気はよいし、目の前を通り過ぎるし最高だったけど、見てる最中はずっとくさかった。娘はポカーンとした顔で見ていたけれど、小さい時からずっとプーメリーを見ているので、プーさんだけは「あ!ああーー!!」と、またまた新発見をした時の声で、指差して私に教えてくれた。プーさんだねぇ。かわいいねぇ。パレードを満喫した後はファンタジーランドで、キャッスルカルーセル(メリーゴーランド)へ。これも15分待ちくらい。3回分くらい待ったかな?一番外側のレーンで一緒に乗る。乗ったの何年ぶりだろ。風を切って、娘も楽しそうにしていた。

 

少し眠そうにしていたので、寝るかな?と思いつつ、再びウェスタンランドのほうへ。私が食べたかったので、スモークターキーレッグに並ぶ。母と半分こで食べてると、娘が食べたそうに指を指すので、ちょっとあげてみたらすごい勢いで食べていた。ジャングルクルーズへ向かうと、20分待ちなのでそのまま並ぶ。半分くらいはベビーカーのまま並べたので楽だった。ジャングルクルーズではガイドさんの横の席に案内される。これもひざ抱っこで船の外を見せていたけど、ちょっと眠かったのか、ずっと私にしがみ付いていた。そして、終わると同時に寝た。ベビーカーに乗せて、少しお散歩。スプラッシュマウンテンが運休しているのでクリッターカントリーは空いてるだろうと思い、のんびりそっちのほうへ。ストロベリーチュロスを食べてから、ビッグサンダーマウンテンのファストパスの時間だったので向かう。この日はビッグサンダーマウンテンのメンテが途中で入った関係で、私が向かった時にはスタンドバイの列はなくファストパス持ってる人だけ受け付けてる状況だった。メンテの時間中対象だった人も受け入れてるので、ものすごい長打の列で、これってスタンドバイと変わらないんじゃ?と思ったんだけど、列はサクサク進み結局20分くらいで乗れた。でもやっぱりこういう系のは(私は)ぼっちだとはしゃぎきれないので、誰か隣がいる状態で乗りたいな~。とはいえ、ひとつくらいは自分が好きなアトラクションに乗れてよかった。

 

母は別に乗らなくていいというので、そのままワールドバザールのお土産屋さんで合流。シンデレラ城の裏側にベビー用品のお店がオープンしたと聞いて、再びそっちに向かう。途中で娘は目を覚まして、きょろきょろしていた。いつの間にか、ベビーカーにプーさんのぬいぐるみがついていた(羽生くんファンの母がプーストアを見るついでに買ったらしい)。ベビー用品のお店では娘と甥っ子と従妹の子にそれぞれTシャツを買い、それからパーク内のレストランで夕飯をしようかと思ったけどどこも長打の列なので、断念して出ることに。日が落ちる前にはパークを出ようと思っていたので、そこそこ粘ったほうかな。最後にシンデレラ城のライトアップがきれいに見える場所で、女子高生らしきお嬢さんに、3人の写真を撮ってもらった。

 

パークを出た後は葛西のほうのファミレスで夕飯を食べてから舞浜に戻ってベイサイドのホテルへ。私の会社の福利厚生で安く泊まれるので、ゆっくりお泊りして翌日に帰った。正直、娘はランドよりもホテルの部屋にテンションを上げていた。

 

備忘録メモ

・アトラクション待ち時間のアプリは必須。あと携帯のバッテリーチャージャーも必須。

・アトラクション用に前向き抱っこのエルゴを持ってたけど使わなかったし邪魔だった。15ヶ月だといらないな。

・スーパードゥーパー・ジャンピンタイムはかなり早い時間に行く。

・パレード席取り用の小さなビニールシート入れておく。

・ベビーセンターの場所を把握しておくと良い。おむつ換えゾーンにもキャストさんいてすごいよかった。

 立っておむつ換えできる場所もある。おしり拭き忘れたんだけどここで買えた。よかった。

・低アレルゲンメニューはどのレストランにもあるけど表示されてないので確認してもらうのに少し時間がかかる。

・お昼寝タイムに大人用アトラクションを狙うと良い。二人で交互に乗る場合はチャイルドスイッチ使える。(一人分の待ち時間で済む!)

・春休みシーズンは避ける!!!!笑 暑いのも寒いのも辛いから次は46月の平日かなぁ。秋はずっと混んでるよね。

 

あまりちゃんとプランを立てないで行き当たりばったりで行ってしまったので、効率的に回れたとは言えないけど、お天気に恵まれたし、今までこんなにのんびりと回ったことはないので、これはこれで楽しかった。次は耳のカチューシャを嫌がらないくらいの年になったらまた来たいな~。もう少し人手があったほうが場所取りとかはいいよなぁと思うけど、レストランとか小回りが聞くのは少人数だから、そのへんもどうするか考えたい。

 

私の舞浜デビューはパークが開園してまもない時期で、写真を見ると今の娘よりは少し大きそう。ミッキーマウスレビューで泣き、ピーターパンで泣き、キャラクターに会ってビビッて泣き、と泣いた話ばかり聞かされているが、写真だと割りと楽しそうにしている。二回目の舞浜は、3歳半の時、弟が生まれた直後で父と二人で行った。その時はパレードを見て興奮したらしくシンデレラ城の前で踊り狂ってる写真が残されている。3歳半だと存分に楽しめるようだ。

 

春休みのランドは学生さんでにぎわっていて、特に2、3人~8人くらいの女の子のグループが本当に多かった。お揃いコーデしている子たちもたくさんいて、かわいい写真をいっぱい撮っていた。娘もいつか友達とあんな風にランドに遊びにくるようになるのかな。そしたら私は同世代の友達だけでまた来たい!……とは言えしばらくは子連れディズニーである。次はシーも行きたい。ミラコスタに泊まったら楽だろうな……宝くじ……


f:id:tpb_kotori:20180306121817j:plain

耳は嫌がられた。ゴメン。母は付けるの好きなのだ。