フランジパニ

いつかの為のあの頃の記録

妊婦健診 31w6d

午後から妊婦健診。午前中は両親学級にも行ったので、何だかんだで一日仕事だった。待たされることが多くて少し疲れた。低置胎盤は改善気味で多分このまま行けば経膣で産めるのでは?とのこと。ひとまず一安心。子宮頸管は3.8cm。最近けっこう張りが強かったからかなぁ。今日は詳細な超音波検査もしたけれど、特に何も言われなかったから問題ないということなのかな。中の人は丁度標準くらいの大きさで1800gくらいとのこと。脚がちょっと長くて頭が少し小さいらしい。スタイルがいいって解釈しとけばいいのか?今週に入ってから胎動が本当に痛いくらい強くって、グーリグリ内側からえぐられており、でかくなってるなあとしみじみ実感する。超音波もあんまり画面に入ってこないしね。今日はそれと、血液検査。あとは保健師指導というのがあって、バースプランの記入についての説明と、胎動カウントについての説明。バースプランに書きたいことと言えば「母子ともに安全優先でお願いします」とか、もっと言えば「母子ともに無事に……」とか、それくらいなんだけど、そんなことは多分今更だと思うし、でも別に他にこだわりも無いので色々考えた結果「やさしくしてください」とか書きそうになって、何かちょっと違う雰囲気になってしまった。多分、そういうことじゃない。お産の時に厳しくしないでほしいってことなんだけどね!胎動カウントは今までもちょいちょいしてたのだけど、今の所は5分以内で10回終わるペース。

さて、前回やたらと長くて不安になった甲状腺超音波検査であるが、7mmくらいの腫瘤があるということでひっかかって専門病院で再検査になってしまった。っていうかそれなら前回言って欲しかったんだけど。と思うけど、そこまで緊急性が無かったってことなんだろうと前向きに解釈したい。けどやっぱり腫瘤とか腫瘍とか言われるとビビる。予約のできない病院なので早速明日の朝一で行ってくる予定。ネットで色々調べてみた感じだと、おそらく今すぐにどうこうってことにはならないと思うんだけど、中の人には影響がないといいなぁ。

明日から9ヶ月に入るので本当にもうあっという間なんだなぁという感じ。入院準備終わってないよ〜。でも9月は夫の海外出張が入ってたり、予定日の二週間前に両親が出雲旅行に行ったりしてしまうので、何かあっても一人でできるようにしておかなければ。それが普通なんだろうけどね。陣痛タクシーの予約を入れた。

先週は一日ごとに友だちが遊びにきてくれて、だらだらランチしたり、お茶したり、アイシングクッキー作ったり、とても楽しかった。アイシングクッキーは下手くそだけどすっごい楽しかったので今回の反省を活かしてまた第二回を開催したい。次回までのメモとしては、アイシング用に水を混ぜるだけでいいアイシングパウダーを買うこと、クッキングシートのコルネだとアイシングが乾いて描きにくくなるので口金を準備すること、絵の図案を予め考えておくこと、その上でどの色が必要かなども考えておくこと、チョコペンやその他トッピングも準備しておくこと、などかな。

なお出産するまでもういいか、と放置していたらあまりにもさもさになってストレスMAXになったので結局髪を切りに行ってきた。母に車で送ってもらった。ビックリするくらい頭が軽くなりました。めでたしめでたし。

 

f:id:tpb_kotori:20160817142932j:plain

たまに外出すると外でごはん食べられるのがうれしい。自分が作ってないごはん美味しい。仕事してた時は毎日のようにランチ外食だったけど、あんまそんなこと思わなかったのにな〜。ふしぎ。